コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山千作 シゲヤマセンサク

3件 の用語解説(茂山千作の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しげやま‐せんさく【茂山千作】

[1919~2013]狂言師。4世。大蔵流。京都の生まれ。本名、茂山七五三(しめ)。明朗な狂言で知られ、天衣無縫な芸で新作狂言などにも取り組んだ。芸術院会員、人間国宝。平成19年(2007)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茂山千作【しげやませんさく】

能楽師。大蔵流狂言方。江戸時代から続く京都狂言界の名家,茂山千五郎家の11世。先代の2世千作〔1864-1950〕の長男で1966年隠居名の3世千作を襲名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂山千作
しげやませんさく
(1896―1986)

能楽師。大蔵流狂言方。江戸時代から続く京都狂言界の名家、茂山家の11世。2世千作の名で知られた10世千五郎正重(まさしげ)の長男(養子)。本名、真一(まさかず)。前名、千五郎。1966年(昭和41)隠居名を名のり3世千作となる。1976年重要無形文化財各個指定(人間国宝)の認定を受ける。1976年度芸術院賞を受賞。1979年芸術院会員。京都風の柔らかい写実的芸風で、小柄なきびきびした動きにあいきょうがあり、観客へのサービス精神の旺盛(おうせい)な芸風であった。長男4世千作(本名七五三(しめ)、12世千五郎、1919― )、次男2世千之丞(1923―2010)は、狂言だけでなく幅広い演劇活動を展開して、狂言の普及と地位向上に貢献した。4世千作は1989年(平成1)重要無形文化財各個指定の認定を受け、1991年芸術院会員に就任、2000年文化功労者。2007年文化勲章受章。[小林 責]
『3世茂山千作著『狂言85年茂山千作』(1984・淡交社) ▽4世茂山千作著『京都の狂言師』(2004・世界文化社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茂山千作の言及

【大蔵流】より

…相弟子の義直は分家茂山忠三郎家を興し,その子良豊の義子弥五郎も別家を興し1963年能の金春流宗家より善竹の姓を贈られて善竹家となった。千五郎家では正虎の孫茂山千作(1896‐1986)が重要無形文化財保持者各個指定(人間国宝)を受け,その息12世千五郎・千之丞ら,茂山忠三郎家では良豊の孫4世忠三郎らが京都を中心に活躍し,善竹家では弥五郎の息忠一郎・玄三郎・幸四郎らが阪神を中心に,現宗家の大蔵弥太郎,善竹圭五郎らが東京を中心に活躍している。
[山本家]
 豊後岡(竹田)中川藩の江戸詰藩士であった山本東次郎則正(東(あずま))が初世。…

※「茂山千作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茂山千作の関連キーワード大蔵弥太郎大蔵虎武山口蓼洲お狂言師御狂言師狂言師時代狂言真言師能狂言大蔵虎寛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茂山千作の関連情報