茂田井教亨(読み)もたい きょうこう

  • 茂田井教亨 もたい-きょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1904-2000 昭和-平成時代の僧,仏教学者。
明治37年10月12日生まれ。東京杉並の妙法寺,のち八王子の最教寺住職。母校立正大の教授もつとめる。日蓮宗教哲学観点からとらえなおし,「観心本尊抄研究序説」「法華経者の精神」などをあらわす。日蓮教学の第一人者とされた。平成12年5月11日死去。95歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android