コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草片/蔬/茸/菌 クサビラ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐びら【草片/×蔬/×茸/菌】

《古くは「くさひら」》
(茸・菌)きのこ類。 秋》
「飢えては樹菓(このみ)―に、渇いては石の罅隙(はざま)の真清水に」〈露伴・新浦島〉
(草片・蔬)野菜。あおもの。
「―を食ひて戒(い)む事を持(たも)つ」〈持統紀〉
「獣の肉」をいう斎宮(さいぐう)忌み詞
「宍(しし)を―と称す」〈延喜式・斎宮寮〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草片 (クサビラ)

植物。食用となる草本類の古称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

草片/蔬/茸/菌の関連キーワード伊勢屋安右衛門クサビライシくさびら植物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android