コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒尾成章 あらお しげあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒尾成章 あらお-しげあきら

1826-1903 幕末-明治時代の武士,神職。
文政9年生まれ。米子荒尾氏分家。嘉永(かえい)4年因幡(いなば)鳥取藩家老となり,安政元年アメリカ船来航時には横浜本牧(ほんもく)の警備にあたる。戊辰(ぼしん)戦争では,藩論をまとめ新政府軍にくわわる。維新後は鳥取県の宇倍神社,大神山神社の宮司をつとめた。明治36年9月21日死去。78歳。本姓土倉。通称は駿河,十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒尾成章の関連キーワードハウフ日露戦争史(年表)バーラクザイ朝ハウフオーストラリア・ニュージーランド文学ドビュッシーゲーゲンバウアビニークラークブルック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android