コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻(新巻) あらまき

1件 の用語解説(荒巻(新巻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あらまき【荒巻(新巻)】

サケの塩蔵品で,薄塩のものを現在この名で呼び新巻と書いているが,本来は貯蔵や運搬の便宜のため,魚や肉を塩蔵してわらなどで巻き包んだものをいった。《和名抄》では〈苞苴〉と書いて〈阿良万岐(あらまき)〉と読ませ,魚肉を包んだものとしている。《宇治拾遺物語》などに出てくるタイの荒巻のほか,古い文献にはウナギ,ハモ,タコ,シカ,クジラ,キジその他のものの名が見られるが,サケの荒巻は見られないようである。サケ【鈴木 晋一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の荒巻(新巻)の言及

【クジラ(鯨)】より

…脂肪とタンパク質不足の食生活の中で,鯨が歓迎されたゆえんであろう。近世まで鯨は荒巻(あらまき)にして中央へ送られることが多く,肉は汁の実,刺身,あえ物など,かぶら骨はなますやあえ物,内臓はいろいろに調理して賞味された。天保3年(1832)刊の《鯨肉調味方(げいにくちようみほう)》は鯨の部位のすべてについてその食味と調理を記した奇書で,小山田与清の筆になるとされる。…

※「荒巻(新巻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荒巻(新巻)の関連キーワードイクラ筋子甘塩荒巻サケ塩蔵品塩サケタラコ塩鰤はららご

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone