コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻(新巻) あらまき

世界大百科事典 第2版の解説

あらまき【荒巻(新巻)】

サケの塩蔵品で,薄塩のものを現在この名で呼び新巻と書いているが,本来は貯蔵や運搬の便宜のため,魚や肉を塩蔵してわらなどで巻き包んだものをいった。《和名抄》では〈苞苴〉と書いて〈阿良万岐(あらまき)〉と読ませ,魚肉を包んだものとしている。《宇治拾遺物語》などに出てくるタイの荒巻のほか,古い文献にはウナギ,ハモ,タコ,シカ,クジラ,キジその他のものの名が見られるが,サケの荒巻は見られないようである。サケ【鈴木 晋一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荒巻(新巻)の言及

【クジラ(鯨)】より

…脂肪とタンパク質不足の食生活の中で,鯨が歓迎されたゆえんであろう。近世まで鯨は荒巻(あらまき)にして中央へ送られることが多く,肉は汁の実,刺身,あえ物など,かぶら骨はなますやあえ物,内臓はいろいろに調理して賞味された。天保3年(1832)刊の《鯨肉調味方(げいにくちようみほう)》は鯨の部位のすべてについてその食味と調理を記した奇書で,小山田与清の筆になるとされる。…

※「荒巻(新巻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android