タコ(英語表記)Octopoda; octopus; devil fish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコ
Octopoda; octopus; devil fish

軟体動物門頭足綱八腕形目の動物の総称。イカ (十腕形類) に比べ,触腕を欠くので腕は8本のみで,吸盤には柄がない。また,俗に頭といわれている胴の部分には鰭がなく,背面に甲をもたない点でイカ類と異なる。体は胴,頭,腕の3部から成る。胴は肉質で丸みがあって,その中に内臓嚢があり,腹面に開く外套腔には1対の鰓がある。外套腔の出口には腔内の水を噴出する漏斗がある。頭の左右には大きな眼があり,8本の腕にはそれぞれ吸盤が1~2列並んでおり,これを使って岩上を運動したり餌を捕えたりする。また腕に囲まれて口があり,鋭い上下顎板 (からすとんびと呼ばれる) で貝類,甲殻類を噛み砕き,下ろし金状の歯舌でかきとって食べる。内臓は食道から 嗉嚢,胃となり,ここに肝臓が開く。さらに腸を経て肛門が外套腔内に開くが,ここに墨汁嚢も開いている。食道を囲んで脳が発達し,軟骨がこれらを保護している。雌雄異体で,通常雄の右第3腕の先端が交接の際,精莢を保持するため舌状・スプーン状に変形する。産卵期は夏が多く,卵嚢を岩などに産みつける。すべて海産で,岩磯の裂け目,砂底に穴をつくって入っているが,クラゲダコのように浮遊性の種もある。日本近海に約 60種が知られており,漁業上重要な種にマダコ (ときにこれを単にタコということもある) ,イイダコテナガダコミズダコなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

タコ

 軟体動物門イカ綱イカ亜綱タコ目の動物.マダコ,テナガダコ,ミズダコ,イイダコなどを食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ダイビング用語集の解説

タコ

普通のタコはこちらから危害を及ぼさない限り、特に危険な生物ではないが、胴体の下部の足の中心によく発達したオウムのようなクチバシがあり、腕などに絡みついたときに、このクチバシでかみつかれることがある。太平洋の暖かい海に生息するヒョウモンダコは体長は小さいが、強い毒を持っているので、注意が必要。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

食の医学館の解説

タコ

《栄養と働き》


 西欧ではタコをデビルフィッシュ(悪魔の魚)と呼び、ほとんど食用にしません。例外としてイタリア、ギリシャ、スペインでは食べます。日本では弥生時代の遺跡からタコ壺(つぼ)が出土しており、古くから食べていたことがわかります。
 タコは世界中に生息していますが、日本近海でとれるのはマダコ、ミズダコ、テナガダコ、イイダコなど60種ほどです。
 タコは、頭のようにみえる楕円形(だえんけい)の袋が胴で、頭は足の上で目のあたりになります。
○栄養成分としての働き
 タコの特徴は、タウリンをたっぷり含んでいることです。
 タウリンは、魚介類に多い成分で、血圧やコレステロール値を下げるので高血圧や血管障害(脳卒中(のうそっちゅう)、心臓病など)を防ぐほか、肝機能を高めて解毒作用を強化するので、コレステロールが原因となる胆石症(たんせきしょう)などによる各症状を改善します。また視力低下の予防や、神経系の改善にも一役かいます。
〈ナイアシン、ビタミンEが血行を促進する〉
 ビタミンB2やナイアシン、ビタミンEも含んでいます。
 B2は、脂質や糖質の代謝をうながし、粘膜(ねんまく)や皮膚、髪、爪などのトラブルを防ぎます。口内炎(こうないえん)、口角炎(こうかくえん)、肌荒れ、目の充血などの症状に効果的です。
 ナイアシンは、糖質や脂質の代謝をし、脳神経の働きを助け、血行をよくするので、食欲減退、不安感、冷え症、頭痛、二日酔いなどを改善します。
 Eは、細胞膜、生体膜を活性酸素からまもるので、心臓病や脳梗塞(のうこうそく)、がんの予防に役立ちます。また血行をよくするので、血行障害からくる肩こり、頭痛、痔(じ)、しもやけ、冷え症の改善にも役立ちます。
 ミネラルに目を移すと、味覚障害を防ぎ、血液の循環をよくする亜鉛(あえん)や鉄、銅、マグネシウムなどを含んでいます。

《調理のポイント》


 旬(しゅん)は、種類によって異なり、ミズダコが初夏、マダコが夏、イイダコは冬から春、テナガダコは春から秋です。
 鮮度は、マダコでいえば色が黒く、くるくる足がきれいに巻いているものが良質。また、吸盤が吸いついてくるものなら最高です。
 調理の際は、ていねいに塩もみしてぬめりをとり、頭を裏返して墨袋を破らないようにして取り出してからもとにもどします。鍋にダイコンおろしを入れ20~30分ゆでると、やわらかく煮えます。ただし、一般にスーパーや魚屋さんに並んでいるものは、ゆでダコですから、そのまま水洗いして食べられます。
 新鮮なら、刺身やたこしゃぶに、ゆでるなら、寿司ダネ、酢のもの、やわらか煮に適しています。
○注意すべきこと
 タコは食べすぎるとかゆみがでることがあるので、過敏体質の人は注意が必要です。
 また、腐敗したタコを食べると、腸炎ビブリオなどによる食中毒を起こす可能性もあります。
 なお、スーパーなどで販売されているタコの刺身は、色をよくする添加物が使われていることがあるので、気になる人は表示をよくチェックしてください。

出典 小学館食の医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコ
たこ / 蛸・鮹・章魚
octopusdevil fish

軟体動物門頭足綱八腕形目に属する動物の総称。[奥谷喬司]

形態

この目Octopodaの仲間の体は柔らかく、一見頭のようにみえる丸い外套(がいとう)膜の袋は胴で、この中に心臓、肝臓、消化管、生殖巣などの内臓が収まっている。本来の頭部は目のあるところで、この中には軟骨の頭蓋(とうがい)に収まった脳がある。外套膜の腹側はすこし切れ込んでいて、ここに漏斗(ろうと)とよばれる総排出口がある。呼吸用の水は、外套の切れ込みから外套腔(こう)中に取り入れられ、そこにある一対のえらを洗う。漏斗からは不要になった水のほか、糞(ふん)や、墨汁あるいは生殖物質を出す。四対に分かれた筋肉質の腕が頭から直接生え、その腕の環に囲まれて口が開いている。口には背腹二片に分かれた俗にからすとんびとよばれる顎板(がくばん)があり、口腔内には歯舌がある。また、唾液腺(だえきせん)も開いていて、餌(えさ)の捕食に必要なチラミンなどの毒を含む。消化管には(そのう)、胃があり、さらに腸に続くが、腸は体の後方でU字を描き、直腸、肛門(こうもん)は前方を向いて開く。腕には、多くの種では二列、一部のものは一列の吸盤が全長に並ぶ。腕と腕との間にはスカート状の傘膜があり、腕どうしの長さの関係とともに、傘膜の深さも分類形質として用いられる。[奥谷喬司]

分類

八腕形類は大きく次の二群に分けられる。(1)有触毛類(有鰭(ゆうき)類)Cirrata 体の後方に小さい一対の肉ひれをもつのが普通で、腕の吸盤は一列または二列で、それに沿って細い筋肉質の糸状の触毛列がある。傘膜は広く体は寒天質で、浮遊生活をしているものが多く、代表的なものはメンダコOpisthoteuthis depressa、メクラダコCirrothauma murrayiなどで、中・深層性の希種が多い。(2)無触毛類(無鰭類)Incirrata 肉ひれをもたず、腕吸盤列に沿う触毛列はない。マダコ科で代表されるような筋肉に富んだ底生性種が多く、一部のものは海表面近くに浮遊する。アオイガイArgonauta argo、ムラサキダコTremoctopus violaceus、アミダコOcythoe tuberculataなどがある。[奥谷喬司]

生態

タコ類はすべて雌雄異体で、交接に際して雄は交接腕で精莢(せいきょう)を雌に渡す。このとき、アオイガイ、ムラサキダコ、アミダコなどでは、精莢を担った交接腕の先端が切れて雌の体内に残る。これをキュビエが寄生虫と誤認してヘクトコチルスHectocotylus(百疣(ひゃくいぼ)虫)と命名したことから、頭足類の交接腕はこの名でよばれている。しかし、他のタコの交接腕はこのように切離することはない。卵は通常、柄(え)をもっていて、底生性のものでは海底の岩盤などの地物に産み付けられるが、浮遊性のものでは、ムラサキダコのように浮遊卵塊となったり、アオイガイのように雌が分泌した殻内で保護されたり、あるいは雌の傘膜中に抱えられていたりする。孵化(ふか)幼生は親のミニチュアで、すでに吸盤をもち、浮遊している。しかし、一部の種では孵化直後から海底をはう。表皮には色素胞が分布していて、これを収縮拡大させ体色を変えるのみか、とくに底生種では体の凹凸まで変化させることができる。敵に襲われると、直腸の近傍にある墨汁嚢からインキを吐き、煙幕的効果によって姿をくらます。暗黒の深海にすむチヒロダコ類Benthoctopusは墨汁嚢を欠く。また、イカのように発達した発光器をもつものや、インキのかわりに発光液を吐くものはないが、淡いリン光を発するシマダコCallistoctopus arakawaiや表層性の一種が発光する。タコは、いずれの種も甲殻類を好み、底生性の種はカニ、エビなどを襲う。マダコが増えるとエビの資源量が減るため、イギリスではタコの異常増殖をoctopus plague(plagueは悪疫の意)とさえよぶ。底生種はまた二枚貝なども餌とするが、摂餌(せつじ)活動はもっぱら夜間に行い、日中は巣穴に潜む。[奥谷喬司]

漁業

日本近海にはおよそ50種のタコ類が分布し、そのうち、南西半分ではマダコOctopus vulgaris、イイダコO. ocellatus、テナガダコO. minorを、東北半分ではミズダコParoctopus dofleini、ヤナギダコO. conaspadiceus、エゾクモダコO. arachnoidesをおもな漁業対象としている。わが国のタコ類漁獲量は数万トンで、半分はたこ壺(つぼ)などのトラップ(わな)漁業によっており、残り半分は底引網、釣りなどでとられ、遠洋漁業ではもっぱらトロールによる。[奥谷喬司]

食品

日本ではよく食されているが、外国ではメキシコ、イタリア、スペイン、ギリシアなど一部の地方を除き食用の習慣はない。タコは筋肉が堅く、腐敗しても判別がむずかしいので注意が必要である。生きているものは、触ると縮むもの、吸盤に弾力があって吸い付くものが新しい。ゆでたものでは、皮のはがれやすいのは古いものである。ごく新鮮なものは生のまま刺身にすることもあるが、普通はゆでてから用いる。ゆでるときは内臓を取り除き、塩を多量にふってよくもみ、ぬめりをとったあと水でよく洗う。これをたっぷりの湯で赤くなるまでゆでる。ゆでるとき、番茶の煮出し汁を用いると赤い色が安定する。日本産のものは、堅いが味がある。一方、大西洋などで産したものは、身が柔らかい。すしの種、刺身、酢だこのほか、酢みそ、からし酢みそで和(あ)えたり、煮物、おでんの種などに用いられる。加工品では、生干し、干しだこ、薫製、削りだこなどがある。マダコの卵塊は白い藤(ふじ)の花のようなので海藤花(かいとうげ)とよばれる。これは吸い物、煮物、三杯酢などにする。
 愛媛県今津地方にはたこ飯とよばれる郷土料理がある。タコは塩でもみ洗いしてぬめりを除き、出刃包丁の背でたたいて柔らかくし細かく切る。これを米と混ぜ、しょうゆ、塩、酒で調味して炊く。ゴボウ、ニンジンなどの野菜を混ぜることもある。[河野友美]

民俗

タコは西洋ではデビル・フィッシュ(悪魔の魚)といわれているが、日本では人間に好意的な、賢くていたずら好きとイメージされる。薬師如来(やくしにょらい)が海上をタコに乗ってやってきたという伝説の蛸(たこ)薬師は、京都市や東京都目黒区など各地に存在しており、大阪府岸和田市などには、タコを禁食して祈れば眼病や吹き出物、いぼなどに霊験があるという蛸地蔵もある。また愛知県知多(ちた)郡の日間賀(ひまが)島では、毎年1月に蛸祭が行われるが、「タコ木」とよばれる木を沖へ流してタコを釣るしぐさをし、大漁祈願をする。このほか関西地方では、半夏生(はんげしょう)に「半夏蛸」といってタコを食べる風習があり、これは、タコのように大地に吸い付いて、その足のようにイネの広がるのを祝う縁起とされる。怪物的なタコの伝説は、西洋のクラーケンをはじめ、富山県の大ダコが牛馬を襲って食べる話(日本山海名産図会)など各地にあるが、タコがイモ掘りをするとか、新墓を掘り荒らすというような伝説もある。三重県鳥羽(とば)市の畔蛸(あだこ)町は、中秋の名月の夜、タコが田の畔(あぜ)にたくさん上ってきたためにつけられた地名だとされる。[矢野憲一]
『井上喜平治著『蛸の国』(1977・関西のつり社) ▽ロジェ・カイヨワ著、塚崎幹夫訳『蛸』(1975・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タコの関連情報