コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木良雄 あらき よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木良雄 あらき-よしお

1890-1969 昭和時代の国文学者。
明治23年9月5日生まれ。検定試験に合格し,昭和5年姫路高教員。戦後,神戸大教授,甲南大教授をつとめた。中世文学の実証的研究で知られた。昭和44年9月29日死去。79歳。京都出身。京都府立第三中学卒。著作に「中世文学の形成と発展」「宗祇(そうぎ)」「心敬」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒木良雄の関連キーワードおとぎ話昭和時代太閤記

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android