荒療治(読み)アラリョウジ

デジタル大辞泉の解説

あら‐りょうじ〔‐レウヂ〕【荒療治】

[名](スル)
患者の苦痛などにかまわず、手荒く治療すること。
物事を立て直すための思い切った処置や改革を行うこと。「荒療治して組織の立て直しを図る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらりょうじ【荒療治】

( 名 ) スル
(患者の苦痛を考慮せずに)手荒に治療すること。
転じて、思い切ったやり方で改革すること。 「行政改革には-が必要だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あら‐りょうじ ‥レウヂ【荒療治】

〘名〙
① 外科医などが手荒に治療すること。また、そのような治療の仕方。
※咄本・鹿の子餠(1772)睾玉「外科(げくゎ)鼻を高くし『なんと奇妙か』といへば、本道(ほんどう)感心し『いやはや奇妙奇妙。しかしちっとあらりゃうじだ』」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉二「其腹の立つ程の荒療治(アラレウヂ)も彼の肩には何の利き目もなかった」
② (比喩的に) 一般に、手荒な処置をすることをいう。
(イ) 人をむごたらしく殺したり、傷つけたりすること。手荒な殺傷。
人情本・明烏後正夢(1821‐24)三「其時こそは此あまめ、ちと荒川が荒(アラ)りゃうじ」
(ロ) 事態を改める場合などに、荒っぽい方法で行なうこと。思い切った改革。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)二「時次郎をあしざまにわざとつれなくあらりゃうじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒療治の関連情報