コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒立つ アラダツ

デジタル大辞泉の解説

あら‐だ・つ【荒立つ】

[動タ五(四)]
荒々しくなる。荒れる。「波が―・つ」「気が―・つ」
物事がもつれて面倒になる。また、もつれた結果が表沙汰になる。「事が―・っては困る」
[動タ下二]あらだてる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらだつ【荒立つ】

( 動五[四] )
(人の心や波風などが)荒くなる。荒々しくなる。 「 - ・ちたる詞ことばの中に/谷間の姫百合 謙澄」 「波が-・つ」
事態が混乱する。物事がもつれる。 「事が-・つ」
荒々しく振る舞う。暴れる。 「鬼神も-・つまじきけはひなれば/源氏 帚木
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荒立つの関連キーワード逸る・早る角が立つ表沙汰帚木

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android