コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表沙汰 オモテザタ

デジタル大辞泉の解説

おもて‐ざた【表沙汰】

内密にしたいことが世間に知れ渡ること。表立つこと。「事件が表沙汰になる」
公の機関によって取り扱われること。裁判ざた。おおやけざた。「表沙汰にして決着をつける」⇔内沙汰(うちざた)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもてざた【表沙汰】

世間に知れてしまうこと。みんなに知られること。おおやけ。 「不祥事が-になる」
事件などが裁判にまで進むこと。訴えごと。 ⇔ 内沙汰

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

表沙汰の関連キーワード揉み消す沙汰無し荒立つ不祥事公沙汰内沙汰内諭疑獄私和内密内済内分内聞

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表沙汰の関連情報