コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒誕 コウタン

デジタル大辞泉の解説

こう‐たん〔クワウ‐〕【荒誕】

[名・形動]《「誕」は、うそ、いつわりの意》おおげさで、全くでたらめであること。また、そのさま。「古代ブームに乗った荒誕な万葉論」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうたん【荒誕】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「誕」はいつわりの意〕
おおげさで、でたらめなこと。また、そのさま。 「古の歴史は-怪奇にして/雪中梅 鉄腸

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荒誕の関連キーワード荒唐鉄腸不稽不経

荒誕の関連情報