コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盧仝 ろどうLu Tong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盧仝
ろどう
Lu Tong

[生]貞元11(795)?
[没]太和9(835)
中国,中唐の詩人。范陽 (河北省) の人。号,玉川子。孤高で,諫議大夫として招かれたが仕えず,のち韓愈と親交を結んだ。元和年間 (806~821) の月食を詠んだ詩が有名であるが,当時の政争を指弾したものと解されて憎まれ,甘露の変の際,王涯の一味とみなされて殺された。李賀よりさらに怪と評される難解な詩風。詩集『玉川子詩集』 (2巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろどう【盧仝 Lú Tóng】

?‐835
中国,中唐の詩人。少室山(河南省)に隠棲して玉川子(ぎよくせんし)と号した。範陽(河北省)の人。のちに洛陽に居を移し,朝廷出仕をうながしたが応じなかった。韓愈が洛陽の地方長官になると,その知遇を得た。〈甘露の変〉(文宗の太和9年)のとき,偶然宰相王涯の邸に客となっていたために殺害された。その詩は奇怪な語を好んで用い,独特の峻険難解な風格をもつ。当時の政局を風刺した〈月の詩〉で知られる。《玉川子詩集》2巻,《外集》1巻が伝わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盧仝
ろどう
(768?―835)

中国、中唐の詩人。字(あざな)不詳。玉川子(ぎょくせんし)と号す。范陽(はんよう)(河北省(たく)県)の人。洛陽(らくよう)の陋巷(ろうこう)に住んで仕えず、世人との交際を好まなかったが、韓愈(かんゆ)からその詩、学問を高く評価された。835年(太和9)11月、宰相の李訓(りくん)らが宦官(かんがん)勢力の一掃を図って失敗した甘露の変に際し、巻き添えとなって殺害された。蝦蟇(がま)が月を食うというイメージで天文現象の月食をとらえた怪奇な詩である「月蝕(げっしょく)詩」、および「筆を走らせて孟諫議(もうかんぎ)の新茶を寄せらるるに謝す」詩が著名であり、『茶経(ちゃきょう)』の著者陸羽(りくう)とともに、日本でも茶人の間に名を知られる。『玉川子詩集』がある。[齋藤 茂]
『山之内正彦・成瀬哲生著『中国古典詩聚花7』(1985・尚学図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

盧仝の関連キーワード盧前大統領を巡る不正資金疑惑事件福岡県太宰府市観世音寺到比岸寺鉄造毘盧舎那仏朝鮮半島非核化宣言盧泰愚(ノテウ)佐賀県唐津市菜畑開かれたウリ党五台山(韓国)バランサー外交韓国訪問構想韓国民自党毘盧遮那仏画餅・画餠ノムヒョン均衡者外交ル・ユーフ邯鄲(能)共に民主党後閑 林平九鼎大呂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android