コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷厄介 ニヤッカイ

デジタル大辞泉の解説

に‐やっかい〔‐ヤクカイ〕【荷厄介】

[名・形動]荷物をもてあますこと。転じて、物事が負担になること。また、そのさま。
「身体が―になって」〈紅葉・二人女房〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にやっかい【荷厄介】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
荷物の取り扱いをもてあますこと。転じて、物事が邪魔や負担となってもてあますこと。また、そのさま。お荷物。 「 -になる」 「何かとうるさくて-な男だ」 「かう猫の習癖を脱化して見ると三毛子や黒の事許り-にして居る訳には行かん/吾輩は猫である 漱石」 「取り寄せても-だつたものですが/或る女 武郎
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荷厄介の関連キーワード吾輩は猫である

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android