(読み)に

精選版 日本国語大辞典「荷」の解説

に【荷】

〘名〙
① 持ち運んだり、運送したりする品物荷物
播磨風土記(715頃)揖保「ここに(あふこ)折れて荷(に)落ちき」
滑稽本浮世床(1813‐23)初「江戸でなくては荷(ニ)のはける所がねへ」
責務。責任。「荷が重い」「肩の荷がおりる」
③ 手数のかかる厄介なこと。負担になるもの。
婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「一軒かけ離れて、彼処へ行くのは荷なんだけれども」
④ 劇場関係者の間で、演題と出演者の総称

の【荷】

〘名〙 「に(荷)」の古い形か。
[補注]「書紀‐九・神功摂政前」に、地名「荷持」に対して「をば能登利(ノトリ)と云ふ」という訓注があり、「万葉‐二三」の歌の「射等籠荷四間」が「万葉‐二四」の「伊良虞能嶋」と対比して「イラゴノシマ」とよまれるところから、「荷」を「の」といったことは確実であるが、語として用いられた確かな例は「荷前(のさき)」しかない。

か【荷】

〘接尾〙 漢語の数詞に付けて、ひとりで肩にになえるだけの物の量を、単位として数えるのにいう語。にない。に。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「檜破子(ひわりご)五十か」
※太平記(14C後)二〇「堀溝をうめん為に、うめ草三万余荷(カ)を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「荷」の解説

に【荷】

運搬するようにまとめた品物。荷物。「を運ぶ」
責任。また、負担。「約束を果たしてが軽くなる」「病人の世話がになる」
[下接語]明け荷揚げ荷脚荷荒荷在り荷入り荷浮き荷打ち荷うわ重荷片荷軽荷倉荷先荷した底荷ちゃく積み荷投げ荷抜き荷抜け荷れ荷初荷ね荷ばら船荷・持ち荷
[類語]荷物貨物手荷物小荷物小包積み荷

か【荷】[漢字項目]

[音](漢) [訓] になう
学習漢字]3年
〈カ〉
植物の名。ハス。「荷葉
にもつをかつぐ。になう。「荷重荷担負荷
にもつ。「在荷集荷出荷入荷
〈に〉「荷主荷札荷物荷役重荷倉荷初荷船荷
[名のり]もち
[難読]稲荷いなり荷前のさき薄荷はっか歩荷ぼっか茗荷みょうが

か【荷】

[接尾]助数詞。数を表す漢語に付いて、一人が肩に担える物の量を単位として数えるのに用いる。「稲三

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android