コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷田御風 かだの のりかぜ

1件 の用語解説(荷田御風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荷田御風 かだの-のりかぜ

1728-1784 江戸時代中期の国学者。
享保(きょうほう)13年11月5日生まれ。荷田在満(ありまろ)の子。家学の国学を江戸でおしえる。禄(ろく)をうけることを欲せず,豊後(ぶんご)(大分県)岡藩から賓客(ひんきゃく)としてむかえられるにとどまった。天明4年8月16日死去。57歳。京都出身。初名は冬満。通称は東蔵。著作に「西遊紀行」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荷田御風の関連キーワードティチング唐来参和見沼通船堀ゴンザ厚生局荻生徂徠クック虚空鈴慕銭大昕ハムラビ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone