コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原明朗 すがわら めいろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原明朗 すがわら-めいろう

1897-1988 大正-昭和時代の作曲家。
明治30年3月20日生まれ。瀬戸口藤吉に師事。帝国音楽学校教授,新交響楽団(現NHK交響楽団)指揮者などをつとめ,深井史郎,服部正らをそだてた。フランス印象派音楽を紹介。昭和63年4月2日死去。91歳。兵庫県出身。川端画学校卒。本名は吉治郎。作品に「交響写景明石海峡」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の菅原明朗の言及

【日本音楽】より

…山田は15年に東京フィルハーモニー会に管弦楽部を創設,24年に日本交響楽協会を組織し,26年からは定期演奏会を開始するなど,日本のオーケストラ活動の基礎をつくり上げた。また作曲家としての山田は,滝廉太郎信時潔,菅原明朗(1897‐1988)らとともに,日本の創作界の基礎もつくった。しかし第2次世界大戦前の日本の音楽家の活躍は,ほとんどの場合国内に限られていた。…

※「菅原明朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菅原明朗の関連キーワード古関 裕而吉田 隆子武井 守成中川 牧三深井 史郎昭和時代松平頼則吉田隆子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android