コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原梶成 すがわらの かじなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原梶成 すがわらの-かじなり

?-853 平安時代前期の医師。
京都の人。承和(じょうわ)5年(838)遣唐船で唐(中国)にわたり,医術をまなぶ。帰国の途中南海の島に漂着するが,7年大隅(おおすみ)(鹿児島県)にかえりつく。のち鍼(はり)博士,侍医に任じられた。外従五位下。仁寿(にんじゅ)3年6月2日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原梶成の関連キーワード松島紫代八戸高専DV潙山葛原親王百済河成杜牧ラキ円珍延祥