コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅屋長頼 すがや ながより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅屋長頼 すがや-ながより

?-1582 織豊時代の武将。
織田信房の子。織田信長の側近。天正(てんしょう)2年(1574)東大寺正倉院御物の名香蘭奢待(らんじゃたい)の切り取りの奉行,7年安土(あづち)宗論(浄土宗と日蓮(にちれん)宗の論争)の監督などをつとめ,9年能登(のと)(石川県)七尾城代となる。10年6月2日本能寺の変のとき二条城で討ち死にした。通称は九右衛門。姓は菅谷ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅屋長頼の関連キーワード菅谷長頼織田信房

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android