コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅屋長頼 すがや ながより

1件 の用語解説(菅屋長頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅屋長頼 すがや-ながより

?-1582 織豊時代の武将。
織田信房の子。織田信長の側近。天正(てんしょう)2年(1574)東大寺正倉院御物の名香蘭奢待(らんじゃたい)の切り取りの奉行,7年安土(あづち)宗論(浄土宗と日蓮(にちれん)宗の論争)の監督などをつとめ,9年能登(のと)(石川県)七尾城代となる。10年6月2日本能寺の変のとき二条城で討ち死にした。通称は九右衛門。姓は菅谷ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅屋長頼の関連キーワード明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻武田信勝武田信廉土岐頼芸明智光秀小岩嶽城

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone