コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊地昌典 きくち まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊地昌典 きくち-まさのり

1930-1997 昭和後期-平成時代のソ連史学者。
昭和5年2月17日生まれ。国立国会図書館勤務のかたわらロシア農業,社会主義,ソ連政治史の研究をすすめ,スターリン批判を展開する。昭和55年母校東大の教授。中ソ論争,ベトナム戦争,文化大革命などにも発言。平成3年千葉敬愛短大学長となる。平成9年5月22日死去。67歳。東京出身。著作に「ロシア農奴解放の研究」「歴史としてのスターリン時代」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊地昌典の関連キーワードトロツキー農奴解放令歴史小説大粛清

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android