菊地昌典(読み)きくち まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊地昌典 きくち-まさのり

1930-1997 昭和後期-平成時代のソ連史学者。
昭和5年2月17日生まれ。国立国会図書館勤務のかたわらロシア農業,社会主義,ソ連政治史の研究をすすめ,スターリン批判を展開する。昭和55年母校東大の教授。中ソ論争,ベトナム戦争,文化大革命などにも発言。平成3年千葉敬愛短大学長となる。平成9年5月22日死去。67歳。東京出身。著作に「ロシア農奴解放の研究」「歴史としてのスターリン時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android