コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊岡沾涼 きくおか せんりょう

2件 の用語解説(菊岡沾涼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊岡沾涼 きくおか-せんりょう

1680-1747 江戸時代中期の俳人。
延宝8年生まれ。伊賀(いが)(三重県)上野の人。菊岡行尚の養子。江戸神田にすむ金工。俳諧(はいかい)を芳賀一晶(はが-いっしょう),内藤露沾(ろせん)にまなび,点者となった。地誌,考証などの著述もある。延享4年10月24日死去。68歳。本姓は飯束。名は房行。通称は藤右衛門。著作に「江戸砂子」「綾錦」「諸国里人談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊岡沾涼

没年:延享4.10.24(1747.11.26)
生年:延宝8(1680)
江戸中期の俳人。伊賀上野(三重県)の人で,のち江戸に住む。飯束三悦の実子で,菊岡行尚の養子となる。別号,崔下庵,南仙斎など。俳諧においては,芳賀一晶について南仙,内藤露沾について沾涼,と号した。点者としての活躍も注目されるが,『綾錦』『鳥山彦』に俳人の系譜などを整理し,譬喩俳諧批判におよんだことは有名。俳壇的野心を持ちあわせると同時に,和漢の学に通暁した人。『江戸砂子』などの地誌や考証書もある。<参考文献>島田筑波「金工菊岡光行」(『島田筑波集』上)

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊岡沾涼の関連キーワード太祇土芳伊賀上野神戸祐甫服部竹塢松本氷固蓑虫庵猪来山岸車来山岸陽和

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊岡沾涼の関連情報