菊池九郎(読み)きくち くろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池九郎 きくち-くろう

1847-1926 明治-大正時代の政治家,教育家。
弘化(こうか)4年9月18日生まれ。菊池新太郎・幾久子の長男。もと陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。慶応義塾,鹿児島藩兵学校にまなぶ。明治5年弘前に東奥(とうおう)義塾を設立。自由民権運動を指導し,21年「東奥日報」を創刊。22年初代弘前市長,23年衆議院議員(当選9回,憲政本党),30年山形県知事。大正15年1月1日死去。80歳。幼名は喜代太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池九郎

没年:大正15.1.1(1926)
生年:弘化4.9.18(1847.10.26)
明治大正期の政治家。弘前藩に生まれる。慶応義塾,鹿児島藩兵学校などに学び,帰郷後,東奥義塾を設立,青森県会議員,弘前市長など歴任,明治23(1890)年第1回総選挙で青森県から衆院議員に当選,以来9回連続当選。<参考文献>長谷川虎次郎編『菊池九郎先生小伝』

(寺崎修)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android