コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池六朔 きくち ろくさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池六朔 きくち-ろくさく

1810-1902 江戸後期-明治時代の農政家。
文化7年7月12日生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)鞍手郡(くらてぐん)山口・乙野・黒丸3ヵ村の庄屋稲作の研究,果樹・茶の栽培,和紙の製造などをすすめ,「今尊徳」とよばれる。秋月藩,肥前佐賀藩などから勧農策を諮問され,明治期には大日本農会農芸委員をつとめた。明治35年10月4日死去。93歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池六朔の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android