コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池重朝 きくち しげとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池重朝 きくち-しげとも

1449-1493 室町時代の武将。
宝徳元年生まれ。菊池為邦(ためくに)の長男。肥後(熊本県)菊池氏惣領(そうりょう)21代。肥後守護として阿蘇(あそ)神社造営のために棟別銭を課す。桂庵(けいあん)玄樹をまねいて孔子をまつる釈奠(せきてん)をおこなったり,文明13年1日1万句の連歌会をもよおすなど,文人武将として知られた。明応2年10月29日死去。45歳。幼名は藤菊丸。通称は十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池重朝

没年:明応2.10.29(1493.12.7)
生年:宝徳1(1449)
室町時代の守護大名。肥後守為邦の子,持朝の孫。幼名藤菊丸,通称十郎,肥後守。文正1(1466)年継嗣,肥後隈府(熊本県菊池市)を本拠として肥後北部6郡を支配。父の代に失った筑後守護職回復の志向があった。文明4(1472)年阿蘇山上宮・下宮造営につき棟別銭を課し,同17年には国内玉名郡清源寺が禅宗諸山に列するよう尽力。文事に教養深く同8年には藤崎宮で法楽,連歌を催し,翌年の桂庵玄樹滞在に際しては隈府の聖堂で釈奠(孔子を祭る典礼)を行い,清源寺明育の上洛に送別の七絶詩を贈っている。また同13年には隈府で領内の諸侍や僧侶たちを集め,万句連歌を興行していることが知られる。<参考文献>『李朝実録』『阿蘇文書』「菊池万句」

(阿蘇品保夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

菊池重朝の関連キーワード相良為続菊池能運城親賢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android