菊田歌雄(初代)(読み)きくた うたお

  • 菊田歌雄(初代) きくた-うたお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1879-1949 明治-昭和時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
明治12年12月7日生まれ。叔父で菊池派の菊田八重一(やえのいち)の養女となる。邦楽,洋楽,雅楽をおさめ,バイオリンのための箏曲五線楽譜を出版。大正7年邦楽同志会を組織して宮城道雄の音楽運動を関西にひろめる。昭和10年箏曲音楽学校教官。昭和24年6月15日死去。71歳。大阪出身。本名は「うた」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android