コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアボードラン ボアボードランBoisbaudran, Paul-Émile Lecoq de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボアボードラン
Boisbaudran, Paul-Émile Lecoq de

[生]1838.4.18. コニャック
[没]1912.5.28. パリ
フランスの化学者。当時開発されたばかりの分光学の方法を用いて元素の分析にたずさわった。その結果,ガリウム (1875) ,サマリウム (79) ,ジスプロシウム (86) を発見。このうちガリウムは,D.メンデレーエフ周期表で予言されたエカアルミニウムであることが判明し,以後,この周期表は化学者の間で広く受入れられることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアボードラン
ぼあぼーどらん
Paul mile Lecoq de Boisbaudran
(1838―1912)

フランスの化学者。正規の学校教育を受けずに独学し、ワイン会社で働きながら、自分の家で実験を行った。彼の研究は、元素のスペクトル分析が主であり、この方法で、ピレネー地方で得た閃(せん)亜鉛鉱中に新元素が含まれていることをみいだし、続いて分離に成功した(1875)。これはガリウムと命名され、4年前にメンデレーエフが周期表により存在を予言していた元素に相当することがわかり、周期表の正しさを立証する先駆けとなった。1879年からは希土類について研究し、いくつかの酸化物の分離に成功し、また、元素の分離はできなかったが、サマリウム(1879)、ジスプロシウム(1886)などをスペクトル分析からみいだした。ガリウムの発見により、1879年イギリス王立協会からデービー・メダルを授与されている。[吉田 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボアボードランの関連キーワードガドリニウム分光学

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android