コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊隠瑞潭 きくいん ずいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊隠瑞潭 きくいん-ずいたん

1447-1525* 室町-戦国時代の僧。
文安4年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)の人。甲斐(かい)(山梨県)の曹洞宗(そうとうしゅう)広厳院の一華文英(いっけ-ぶんえい)に師事し,その法をつぐ。甲斐永昌院,丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の住持をつとめた。大永(たいえい)4年12月8日死去。78歳。俗姓は荒木。著作に「菊隠和尚下語(あぎょ)」「菊隠録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊隠瑞潭の関連キーワード宗教改革エウゲニウスシャールフ赤松貞村心田清播エウゲニウスアンブロジアーナ共和国ビスコンチ家ローマ大学エクセター(公・侯・伯家)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android