コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌輪 きんりんfairy ring

翻訳|fairy ring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菌輪
きんりん
fairy ring

菌環ともいう。土壌中にキノコ類の菌糸一定の中心から諸方向へと放射状に伸長して,一定の時期にキノコを生じる場合,そのキノコが輪を描いて並ぶ現象をいう。野原や牧地などではさえぎるものがないので,きれいな円形になり,注目をひくことから「妖精の環」という英語名が生じた。林下に生じるものは障害物のために円の形がくずれることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菌輪
きんりん

アカマツ林のマツタケや雑木林のムラサキシメジ、サクラシメジなどが円い輪を描いて生えているのにしばしば出会う。これを菌輪あるいは菌環という。英語ではフェアリー・リングfairy-ringといい、日本では妖精(ようせい)の輪とか仙女の輪と訳したこともある。芝生や草原が多い欧米では珍しい現象ではない。こうした菌輪をつくりやすいキノコにはシバフタケ、ハラタケなどがある。輪は、キノコの発生期でなくても、その部分の草だけが丈が高くなり、濃い緑をして生えそろうので、遠くからでも認められる。欧米では昔から注目され、不思議がられ、深夜に妖精や仙女が現れて踊り場としたと考えた。その後、雷とか稲妻の刺激でできるとも考えられたが、実はキノコの生活の本体である菌糸が土の中で放射状に伸び広がり、季節がくると菌糸の先端部に繁殖のためにキノコをつくることがわかった。菌糸の先端部は活力旺盛(おうせい)で有機質の分解がよく、草も栄養がよい。輪は年々外へ広がるが、その速さは1年に10~30センチメートルなので、輪の直径によって菌輪の年齢が知られる。欧米には径数百メートルに達し、300年以上も経過したものもある。輪の中には同じキノコは生えない。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菌輪の関連キーワードハラタケ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android