コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菌輪 きんりんfairy ring

翻訳|fairy ring

4件 の用語解説(菌輪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菌輪
きんりん
fairy ring

菌環ともいう。土壌中にキノコ類の菌糸が一定の中心から諸方向へと放射状に伸長して,一定の時期にキノコを生じる場合,そのキノコが輪を描いて並ぶ現象をいう。野原や牧地などではさえぎるものがないので,きれいな円形になり,注目をひくことから「妖精の環」という英語名が生じた。林下に生じるものは障害物のために円の形がくずれることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐りん【菌輪】

キノコの菌糸が土中に放射状に広がり、その先に子実体を生じるため、輪を描いたように生えるキノコ。欧米では妖精が踊った所といわれ、フェアリーリングまたはフェアリーサークルとよぶ。妖精の輪。菌環。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんりん【菌輪】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菌輪
きんりん

アカマツ林のマツタケ雑木林のムラサキシメジ、サクラシメジなどが円い輪を描いて生えているのにしばしば出会う。これを菌輪あるいは菌環という。英語ではフェアリー・リングfairy-ringといい、日本では妖精(ようせい)の輪とか仙女の輪と訳したこともある。芝生や草原が多い欧米では珍しい現象ではない。こうした菌輪をつくりやすいキノコにはシバフタケ、ハラタケなどがある。輪は、キノコの発生期でなくても、その部分の草だけが丈が高くなり、濃い緑をして生えそろうので、遠くからでも認められる。欧米では昔から注目され、不思議がられ、深夜に妖精や仙女が現れて踊り場としたと考えた。その後、雷とか稲妻の刺激でできるとも考えられたが、実はキノコの生活の本体である菌糸が土の中で放射状に伸び広がり、季節がくると菌糸の先端部に繁殖のためにキノコをつくることがわかった。菌糸の先端部は活力旺盛(おうせい)で有機質の分解がよく、草も栄養がよい。輪は年々外へ広がるが、その速さは1年に10~30センチメートルなので、輪の直径によって菌輪の年齢が知られる。欧米には径数百メートルに達し、300年以上も経過したものもある。輪の中には同じキノコは生えない。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone