コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菰野藩 こものはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菰野藩
こものはん

江戸時代,伊勢国 (三重県) 三重郡の一部を領有した小藩。土方 (ひじかた) 氏が1万 2000石で就封 (のち1万 1000石) 。慶長5 (1600) 年から廃藩置県にいたるまで存続。外様,江戸城柳間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菰野藩
こものはん

江戸時代、伊勢(いせ)国(三重県)三重郡菰野周辺を領有した藩。尾張(おわり)犬山城主土方雄久(ひじかたおひさ)の長男雄氏(かつうじ)は1599年(慶長4)徳川家康に疑われ、父ともども常陸(ひたち)水戸城主佐竹義重(さたけよししげ)のもとに蟄居(ちっきょ)。関ヶ原の戦い後、秀忠(ひでただ)に仕えて1万2000石を与えられ菰野に入封、当藩を興した。雄氏、雄高(かつたか)、雄豊(かつとよ)、豊義(とよよし)(叔父久長(ひさなが)に1000石分与。1万1000石領有、以下同様)、雄房(かつふさ)、雄端(かつまさ)、雄年(かつなが)、雄貞(かつさだ)、義苗(よしたね)、雄興(かつおき)、雄嘉(かつよし)、雄永(かつなが)、雄志(かつゆき)と13代在封した。1871年(明治4)廃藩、菰野県、安濃津(あのつ)県を経て、三重県に編入された。[原田好雄]
『菰野町史編纂委員会編『菰野町史』(1974・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の菰野藩の言及

【土方氏】より

…雄久の子雄重は能登石崎を領し,3代続いたが罪あって断絶。雄重の兄雄氏は伊勢菰野(こもの)藩1万2000石を領し,子孫相承して明治に至り子爵となる。【細溝 典彦】。…

※「菰野藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菰野藩の関連キーワード菰野[町]菰野(町)南川金渓土方雄志青柳高鞆江戸時代幡崎鼎菰山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android