コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原大麓 はぎわら だいろく

1件 の用語解説(萩原大麓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原大麓 はぎわら-だいろく

1752-1811 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦2年生まれ。萩原楽亭(らくてい),萩原緑野(りょくや)の父。片山兼山に折衷学をまなび,江戸両国でおしえた。谷文晁(ぶんちょう)と交遊。文化8年5月8日死去。60歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は万世。字(あざな)は休卿。通称は英助。著作に「韓子考」「五経解閉」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

萩原大麓の関連キーワード滑稽本談義本ナッシュ松村月渓木村謙次呉春吉田友直木村謙次呉春松村呉春

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone