コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱野三平 かやの さんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萱野三平 かやの-さんぺい

1675-1702 江戸時代前期の武士。
延宝3年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。江戸で藩主浅野長矩(ながのり)につかえて中小姓となる。元禄(げんろく)14年長矩の刃傷(にんじょう)事件がおこると,早水(はやみ)藤左衛門とともに赤穂へ急報。父重利の反対で仇(あだ)討ちに参加できず,元禄15年1月14日自刃(じじん)した。28歳。歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の早野勘平のモデル。名は重実(しげざね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かやのさんぺい【萱野三平】

1675~1702) 赤穂藩士。名は重実。義士に加わろうとしたが父の反対にあい、自刃じじんした。浄瑠璃などで早野勘平として脚色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

萱野三平の関連キーワード大阪府箕面市萱野早水藤左衛門お軽/勘平大石神社萱野重実浄瑠璃義士脚色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android