コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱野権兵衛 かやの ごんべえ

2件 の用語解説(萱野権兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萱野権兵衛 かやの-ごんべえ

1830-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)家老。慶応4年(1868)の会津戦争では城外で指揮をとる。落城後,新政府軍の追及にみずから抵抗の首謀者であったことをみとめて幽閉され,明治2年5月18日自刃(じじん)した。40歳。名は長修。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

萱野権兵衛

没年:明治2.5.18(1869.6.27)
生年:天保1(1830)
幕末期の会津藩(福島県)家老。諱は長修。文武両道によく通じ,資性温和にして恭謹かつ風貌秀麗で人望があった。戊辰戦争の際,会津藩は新政府軍に激しく抵抗したが,権兵衛は常に藩主松平容保の側に侍して全体を指揮,会津守城戦に際しては,城外にあって若松城の完全孤立を避ける任務に当たったが落城。自ら抗戦の首謀と称し罪を一身に引き受けようとして裁断を仰いだ。東京において自刃。享年40。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萱野権兵衛の関連キーワード会津会津藩若松会津城加藤明利岸伝蔵西郷頼母神保内蔵助神保雪子横山主税

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone