コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落水荘 らくすいそうFallingwater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落水荘
らくすいそう
Fallingwater

フランク・ロイド・ライトの設計で,1936年に,アメリカ合衆国のペンシルバニア州ベアランに建てられた住宅。ピッツバークの百貨店主エドガー・カウフマンの別邸の愛称。1階は居間,厨房,食堂,2階は寝室,屋上には絵画展示室がある。荒々しい岩から立ち上がるコアから大胆に片持梁が突出し,各階とテラスを構成して,その下を滝が流れ落ちている。鉄筋コンクリート造りの特徴をいかした梁によって,自然と融合した建築を生み出した。また内部においても,外部と連続しているかのようなすばらしい眺望の広がる居間,室内川床の岩をインテリアとして用いるなど,室内と自然との一体感が強調されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

らくすいそう【落水荘】

アメリカ合衆国、ペンシルベニア州ピッツバーグの山間にある別荘。1936年完成。 F = L =ライト設計。渓流の上にバルコニーが張り出し、自然と人工的な直線的形態との調和を実現した有機的建築の代表作。カウフマン邸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

落水荘の関連キーワードライト(Frank Lloyd Wright)ライト フランク・ロイドフランク・ロイド ライトカウフマン邸バルコニー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android