コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)穂拾い オチボヒロイ

2件 の用語解説(落(ち)穂拾いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おちぼ‐ひろい〔‐ひろひ〕【落(ち)穂拾い】

落ち穂を拾うこと。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おちぼひろい【落穂拾い gleaning】

ヨーロッパの中世から近世にかけて,農村共同体がその重要な機能である弱者の保護と扶養の一つの手段として,収穫後の耕地に散乱する落穂を,老人,寡婦,孤児,廃疾者などに拾うことを許した慣行。当時の共同体的土地制度のもとでは,農民が自己の耕地を排他的に用益しうるのは作物の栽培中だけで,残りの期間はこれを共同的用益にゆだねなければならなかったが,落穂拾いはその先頭を切って行われるもので,刈取りないし庫納めと共同家畜群の放牧開始の間の数日を定め,共同体の収穫監視役の監督のもとに,通常の労働では生計を支えられない者に耕地を開放した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

落(ち)穂拾いの関連キーワードゲットーヨーロッパ共同体レベックヨーロッパ通貨制度ヨーロッパ連合荒くもしいビオールヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパの火薬庫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone