コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)穂拾い オチボヒロイ

2件 の用語解説(落(ち)穂拾いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おちぼ‐ひろい〔‐ひろひ〕【落(ち)穂拾い】

落ち穂を拾うこと。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おちぼひろい【落穂拾い gleaning】

ヨーロッパの中世から近世にかけて,農村共同体がその重要な機能である弱者の保護と扶養の一つの手段として,収穫後の耕地に散乱する落穂を,老人,寡婦,孤児,廃疾者などに拾うことを許した慣行。当時の共同体的土地制度のもとでは,農民が自己の耕地を排他的に用益しうるのは作物の栽培中だけで,残りの期間はこれを共同的用益にゆだねなければならなかったが,落穂拾いはその先頭を切って行われるもので,刈取りないし庫納めと共同家畜群の放牧開始の間の数日を定め,共同体の収穫監視役の監督のもとに,通常の労働では生計を支えられない者に耕地を開放した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone