コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉挿 はざしleaf cutting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉挿
はざし
leaf cutting

挿木 (さしき) の一種。通常の挿木では茎,根など栄養器官の一部を母樹から切取り,再生させるが,葉挿では挿穂として葉を用いる。この方法はベゴニアグロキシニアなどのように葉肉の厚い葉のものに適していて,これらでは葉を切った葉片での片葉挿が可能である。ほかに全葉を用いるもの (イワヒバなど) ,茎の一部と葉腋の芽を挿穂とする場合 (ゴムノキ,ツバキなど) もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

は‐ざし【葉挿(し)】

挿し木の一。葉を土に挿し、不定芽不定根を出させ、新しい個体をつくる方法。ベゴニアなどに行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葉挿の言及

【挿木】より

…花木,果樹などのほか,キク,カーネーション,ペペロミア,セントポーリア,グロキシニアなどの草本植物でも行われる。挿穂として利用する部位によって葉挿,枝挿(茎挿),根挿に分類されるが,枝挿が一般的である。挿木によって母植物と同じ形質をもつ個体を比較的簡単に多数増殖することができ,また,挿木苗は種子から育てた植物(実生苗)に比べて開花や結実が早くなる。…

※「葉挿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉挿の関連キーワードストレプトカーパスレックスベゴニアセントポーリアサンセベリアガステリアエケベリアラケナリアペペロミアハオルチアラモンダ挿し木思ひ出多年草挿木種苗