コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉鹿 はじか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉鹿
はじか

栃木県足利市西部の地区。 1962年足利市編入。渡良瀬川左岸,国道 50号線に沿い,桐生と足利両中心市街地の中間にあり,古くから織物の町として発展。明治以来足利機業の賃機地域で,現在は撚糸,絹,毛の交織および和服縫製品などの生産が盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉鹿
はじか

栃木県足利(あしかが)市の西部にある一地区。旧葉鹿町。1955年(昭和30)に周辺町村と合併して坂西(さかにし)町となり、1962年に足利市に編入。JR両毛線が東西に通過する。町の主要部は桐生(きりゅう)街道に沿う街村が中心で足利機業の西縁部を形成している。[村上雅康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

葉鹿の関連キーワード足利(市)八百屋お七

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android