コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉鹿 はじか

2件 の用語解説(葉鹿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉鹿
はじか

栃木県足利市西部の地区。 1962年足利市に編入。渡良瀬川左岸,国道 50号線に沿い,桐生と足利両中心市街地の中間にあり,古くから織物の町として発展。明治以来足利機業の賃機地域で,現在は撚糸,絹,毛の交織および和服縫製品などの生産が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉鹿
はじか

栃木県足利(あしかが)市の西部にある一地区。旧葉鹿町。1955年(昭和30)に周辺町村と合併して坂西(さかにし)町となり、1962年に足利市に編入。JR両毛線が東西に通過する。町の主要部は桐生(きりゅう)街道に沿う街村が中心で足利機業の西縁部を形成している。[村上雅康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

葉鹿の関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学天と地とアルシメド号ウェインコネリーブルック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葉鹿の関連情報