葛の松原(読み)クズノマツバラ

デジタル大辞泉「葛の松原」の解説

くずのまつばら【葛の松原】

江戸前期の俳論書。1冊。各務支考著。元禄5年(1692)刊行松尾芭蕉宝井其角などのについて随筆風にまとめたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「葛の松原」の解説

くずのまつばら【葛の松原】

俳諧論書。各務(かがみ)支考著。1692年(元禄5)刊。巻頭に〈支考述,不玉撰〉とあり,巻末に羽黒の図司呂丸亭で脱稿の旨奥書があるが,事実は,92年春から夏にかけて奥羽の旅に出た支考が,江戸帰着後に書きあげ出版したもの。内容は,芭蕉の〈古池や〉の句の成立過程や俳諧の新古の論,芭蕉や其角ら蕉門の句についての感想や批評,景気付,心付(こころづけ)のほかに,(はしり),(ひびき),(におい)を付方の名目としてあげるなど,風雅,趣向等についての考え方を示す40項目からなる随筆風の俳諧論である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android