葛城真純(読み)かつらぎ ますみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛城真純 かつらぎ-ますみ

1843-1905 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)14年1月25日生まれ。嘉永(かえい)6年(1853)11歳で金剛山大宿坊の相続人となる。奈良,高松に遊学し国学などをまなぶ。尊攘(そんじょう)派と交遊,天誅組(てんちゅうぐみ)の変の際はひそかに援助する。明治元年金剛山を神道にあらため,社殿改築,道路修繕などで再興につとめた。明治38年4月25日死去。63歳。大和(奈良県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android