コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛山五雀 くずやま ごじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛山五雀 くずやま-ごじゃく

1814-1890 江戸後期-明治時代の尼僧,俳人。
文化11年生まれ。了然元総尼(りょうねん-げんそうに)の子孫。武蔵(むさし)豊島郡(東京都)の黄檗宗(おうばくしゅう)泰雲寺の住持。空也念仏の導師をつとめ,西阿弥と称した。俳諧(はいかい)宗匠志倉西馬(さいば)の門人。明治23年8月死去。77歳。俗名は大良。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

葛山五雀の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎社会民主党(ドイツ)ドイツ映画ノルウェー文学冒険小説ジーメンス(電気機器メーカー)ビゴー明治維新改良主義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android