コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了然元総尼 りょうねん げんそうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了然元総尼 りょうねん-げんそうに

1646-1711 江戸時代前期-中期の尼僧。
正保(しょうほ)3年生まれ。黄檗(おうばく)宗。医師松田晩翠と離婚後,東福門院の孫につかえる。27歳で京都宝鏡寺の理忠女王について出家。のち江戸で白翁道泰にその美貌のため入門をことわられると,顔をやいてゆるされたという。武蔵(むさし)落合(東京都)に泰雲寺をひらいた。正徳(しょうとく)元年9月18日死去。66歳。京都出身。俗名は総(ふさ)。号は大休。
【格言など】いける世に捨てて焼く身やうからまし終(つひ)の薪とおもはざりせば(顔をやいて白翁にしめした歌)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

了然元総尼の関連キーワード浮世草子井上正継佩文韻府秋山角左衛門御当家令条正徳会津農書谷木因金木さなぶり荒馬踊キリシタン屋敷

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone