コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了然元総尼 りょうねん げんそうに

1件 の用語解説(了然元総尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了然元総尼 りょうねん-げんそうに

1646-1711 江戸時代前期-中期の尼僧。
正保(しょうほ)3年生まれ。黄檗(おうばく)宗。医師松田晩翠と離婚後,東福門院の孫につかえる。27歳で京都宝鏡寺の理忠女王について出家。のち江戸で白翁道泰にその美貌のため入門をことわられると,顔をやいてゆるされたという。武蔵(むさし)落合(東京都)に泰雲寺をひらいた。正徳(しょうとく)元年9月18日死去。66歳。京都出身。俗名は総(ふさ)。号は大休。
【格言など】いける世に捨てて焼く身やうからまし終(つひ)の薪とおもはざりせば(顔をやいて白翁にしめした歌)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

了然元総尼の関連キーワード青山尚貞大石古閑大岡孚斎大田朴円梶(1)小林久佐詮茂服部樗洲花井才三郎(2代)松永春門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone