蒲生正男(読み)がもうまさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲生正男
がもうまさお

[生]1927.2.17. 東京
[没]1981.6.2. 東京
社会人類学者。 1950年明治大学政治学科卒業。東京都立大学助手などを経て,明治大学教授,日本民族学会会長などをつとめる。ラドクリフブラウンの影響を色濃く受け,全体主義的機能主義によるフィールドワーク重視の実証的研究を試みた。親族,年齢階梯制を中心とする研究によって日本社会の地域性を主張したほか,カナダ,ブラジルの日系移民やアラスカエスキモーオーストリアの農村などの社会構造を分析,その研究領域は多岐にわたる。主著『日本人の生活構造序説』 (1960) ,『海を渡った日本の村』 (62) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生正男 がもう-まさお

1927-1981 昭和時代後期の社会人類学者。
昭和2年2月17日生まれ。40年母校明大の教授となり,49年政経学部長。日本の村落,ブラジルなどの日系移民社会,アラスカのイヌイットの社会などの地域性や社会構造を幅ひろく研究した。日本民族学会会長。昭和56年6月2日死去。54歳。東京出身。著作に「日本人の生活構造序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android