コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲生賢秀 がもう かたひで

3件 の用語解説(蒲生賢秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生賢秀 がもう-かたひで

1534-1584 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)3年生まれ。蒲生定秀の子。近江(おうみ)(滋賀県)日野城主。六角義賢(よしかた)の臣だったが,永禄(えいろく)11年(1568)長男の氏郷(うじさと)とともに織田信長にしたがう。天正(てんしょう)10年本能寺の変では,安土城の信長の家族を日野城にかくまった。天正12年4月17日死去。51歳。通称は左兵衛大夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蒲生賢秀

没年:天正12.4.17(1584.5.26)
生年:天文3(1534)
戦国・安土桃山時代の武将。近江国日野城(滋賀県蒲生郡)城主蒲生定秀の嫡子。戦国大名六角義賢(承禎)の家臣で,義賢の子義弼が重臣を暗殺した観音寺騒動の際には調停役として活躍した。永禄11(1568)年の織田信長の近江進撃と六角家の凋落を境に信長にくみし,越前(福井県)朝倉攻めなどに出陣した。本能寺の変では,信長の妻女を日野城にかくまい,その後も明智光秀からの勧誘を断った。以後は豊臣秀吉にくみし,娘の儀光院(三条殿)は秀吉の側室となった。墓所は会津若松市の恵倫寺。<参考文献>『近江蒲生郡志』3巻

(宇野日出生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がもうかたひで【蒲生賢秀】

1534~1584) 安土桃山時代の武将。六角義賢、織田信長に仕える。本能寺の変に際し、信長の家族を日野城に移して守った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒲生賢秀の言及

【蒲生氏】より

…平安~江戸初期の武家。鎮守府将軍藤原秀郷の次男千晴の子孫惟俊が陸奥国から上洛して平家に仕え,近江国蒲生郡を領して蒲生太郎と称したという。子俊賢は源頼朝に仕え,その後俊綱と子秀朝は足利尊氏に属して功があった。秀朝より7代目とされる貞秀とその子高郷は,近江守護佐々木六角氏に仕え,高郷の子定秀,孫賢秀は日野城主となった。賢秀は1568年(永禄11)六角氏が織田信長に滅ぼされたのち信長に属した。その子氏郷は信長・秀吉に仕え,歴戦の功により84年(天正12)伊勢松ヶ島12万石を与えられ(のち松坂に移る),90年会津黒川(若松)42万石(のち92万石)に封じられた。…

※「蒲生賢秀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒲生賢秀の関連キーワード池田秀雄道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門横目付内ケ島氏理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone