蓚酸(読み)しゅうさん

精選版 日本国語大辞典「蓚酸」の解説

しゅう‐さん シウ‥【蓚酸】

〘名〙 カルボン酸の一つ。化学式 (CO2H)2 無色無臭。無水物は斜方晶系、二水化物は単斜晶系結晶。天然には植物界に広く存在する。工業的にはセルロースアルカリ融解の硝酸酸化、蟻酸ナトリウムの加熱脱水素などでつくる。水には溶けるが有機溶媒には溶けにくい。染料原料・漂白剤染色助剤・分析試薬などに用いる。〔舎密開宗(1837‐47)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android