蓚酸(読み)しゅうさん

精選版 日本国語大辞典 「蓚酸」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐さん シウ‥【蓚酸】

〘名〙 カルボン酸の一つ。化学式 (CO2H)2 無色無臭。無水物は斜方晶系、二水化物は単斜晶系結晶天然には植物界に広く存在する。工業的にはセルロースアルカリ融解、糖の硝酸酸化、蟻酸ナトリウムの加熱脱水素などでつくる。水には溶けるが有機溶媒には溶けにくい。染料原料漂白剤染色助剤・分析試薬などに用いる。〔舎密開宗(1837‐47)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「蓚酸」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐さん〔シウ‐〕【×蓚酸】

最も簡単な二価カルボン酸。カルボキシル基が2個結合したもの。水によく溶ける無色の結晶。カタバミなどの植物中にカリウム塩・カルシウム塩として広く存在。染料の原料、分析試薬、漂白剤などに用いる。化学式(COOH)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android