蓮芋(読み)ハスイモ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蓮芋 (ハスイモ)

植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物。サトイモの別称

蓮芋 (ハスイモ)

学名:Colocasia gigantea
植物。サトイモ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はす‐いも【蓮芋】

〘名〙
① 植物「さといも(里芋)」の異名。
※俳諧・玉海集(1656)三「はすいもの葉の露やぶり舎利の玉〈則常〉」
② サトイモ科の多年草。ジャワ原産のサトイモに似た作物で古くから栽培される。高さ一・五メートル内外。葉身は卵形で柄に楯状につき、長さ七〇センチメートル、幅四〇センチメートルぐらい。芋は固くて食用にならないが、葉柄を食用とし、酢物、煮食、肥後ずいきなどとする。しろいも。てんじく。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android