薄利多売(読み)ハクリタバイ

大辞林 第三版の解説

はくりたばい【薄利多売】

利潤を少なくして品物を安く大量に売り、全体として利益があがるようにすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくり‐たばい【薄利多売】

〘名〙 利益を少なくして品物を多く売り、全体としての利益をあげること。
※売文集(1912)〈堺利彦編〉巻頭の飾・米国伯爵〈山崎今朝彌〉「君薄利多売を主義とし、斃れて後止むの慨を以て精励職に従ひ、一字一厘二厘を以て広く天下の需に応ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄利多売の関連情報