コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星新一 ホシシンイチ

5件 の用語解説(星新一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほし‐しんいち【星新一】

[1926~1997]小説家・SF作家。東京の生まれ。本名、親一。ショートショートの名手として知られ、1000編を超える作品を発表。「ボッコちゃん」「未来いそっぷ」「妄想銀行」「ノックの音が」など多くの短編集を残す。他に長編「夢魔の標的」、父を描いた伝記「人民は弱し官吏は強し」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

星新一【ほししんいち】

小説家。本名親一。東京生れ。祖母は森鴎外の妹小金井喜美子。東大農学部卒。1957年《宝石》に短編《セキストラ》で登場。《ボッコちゃん》(1958年)など,斬新な発想と奇抜な結末をそなえたショートショートの第一人者となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星新一 ほし-しんいち

1926-1997 昭和後期-平成時代のSF作家。
大正15年9月6日生まれ。昭和32年短編「セキストラ」でデビュー。ショート-ショートの名手として「ボッコちゃん」など1000編をこえる作品を発表。43年「妄想銀行」で日本推理作家協会賞。父星一(はじめ)の伝記「人民は弱し官吏は強し」などの長編や時代小説もある。平成9年12月30日死去。71歳。東京出身。東大卒。本名は親一。
【格言など】世の中には短く要約できないものはない(「明治の人物誌」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ほししんいち【星新一】

1926~1997) 小説家。東京生まれ。父は星一(星製薬創業者)。祖父は小金井良精。本名、親一。東大卒。ショート-ショートの第一人者として知られる。「ボッコちゃん」「ノックの音が」など作品多数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

星新一
ほししんいち
(1926―1997)

SF作家。東京生まれ。東京大学農学部卒業。同人誌『宇宙塵(じん)』に発表していたショート・ショート『セキストラ』が江戸川乱歩らの推薦で当時の推理小説雑誌『宝石』に転載されて好評を博し、これが作家としてのデビューとなる。奇抜なアイデア、完全なプロット、意外な結末というショート・ショート形式の名手で、83年に1001編達成後、休筆を宣言。若手作家の育成に務めた。1968年(昭和43)には『妄想銀行』と、過去の業績によって日本推理作家協会賞を受賞。多数の作品集のほか、SF長編『夢魔の標的』(1964)、父星一(はじめ)の伝記『人民は弱し官吏は強し』(1967)、アメリカの一こま漫画を題材にした『進化した猿たち』(1968)など。[厚木 淳]
『『妄想銀行』『夢魔の標的』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

星新一の関連キーワード金井直青木和夫浅香鉄心穴井太内田幸男鈴木通夫寺門仁原田憲藤田利夫三好行雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星新一の関連情報