コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩すんくじら

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さつますんくじら【薩摩すんくじら】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、鹿児島の方言で「隅っこ」を意味し、薩摩半島のなかの笠沙町の位置を表現。野間岳の湧水と黒麹を用いて甕壺で仕込む。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「杜氏の里笠沙」は平成5年(1993)黒瀬杜氏の技を継承することを目的に第三セクターとして設立。所在地は南さつま市笠沙町赤生木。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

薩摩すんくじらの関連キーワード鹿児島県鹿児島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android