コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩すんくじら

2件 の用語解説(薩摩すんくじらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

薩摩すんくじら

鹿児島県、株式会社杜氏の里笠沙が製造する芋焼酎。「すんくじら」は当地の方言で「隅っこ最果て」を意味する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さつますんくじら【薩摩すんくじら】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、鹿児島の方言で「隅っこ」を意味し、薩摩半島のなかの笠沙町の位置を表現。野間岳の湧水と黒麹を用いて甕壺で仕込む。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「杜氏の里笠沙」は平成5年(1993)黒瀬杜氏の技を継承することを目的に第三セクターとして設立。所在地南さつま市笠沙町赤生木。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩すんくじらの関連キーワード阿久根おやっとさあ金次郎げんもんこいじゃがさつま諸白酔十年ずっきゃん風憚やじうま

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone