コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩忠 さつま ただし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩忠 さつま-ただし

1931-2000 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和6年1月29日生まれ。慶応幼稚舎で菊池知勇(ちゆう)にまなぶ。のち堀口大学に師事。「風」「新詩潮」をへて「詩帖」同人。昭和37年昆虫詩集「蝶の道」を発表。39年「海の誘惑」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞。詩集はほかに「愛するものたちへ」など,エッセイに「うたの博物誌」など。平成12年3月24日死去。69歳。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

薩摩忠の関連キーワードフルーツサラダの歌パパはママが好き月から来たジャン詩人が死んだときはるかなあなた禁じられた遊び走ろうこうまよ黒い瞳の女の子歌うよカッコウちいさな汽車ヒーハイホー小さな船乗りカナダ旅行逃げた小鳥まっかな秋冬の行進花まつり海は招く

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android