薩摩忠(読み)さつま ただし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩忠 さつま-ただし

1931-2000 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和6年1月29日生まれ。慶応幼稚舎で菊池知勇(ちゆう)にまなぶ。のち堀口大学に師事。「風」「新詩潮」をへて「詩帖」同人。昭和37年昆虫詩集「蝶の道」を発表。39年「海の誘惑」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞。詩集はほかに「愛するものたちへ」など,エッセイに「うたの博物誌」など。平成12年3月24日死去。69歳。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android