コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬缶/薬鑵 ヤカン

デジタル大辞泉の解説

や‐かん〔‐クワン〕【薬缶/×鑵】

《もと薬を煎じたところから》湯を沸かすための道具。アルマイト・銅・ほうろうなどで作った鉄瓶に似たもの。湯沸かし。
薬缶頭」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

やかん【薬缶/薬罐】

注ぎ口と持ち手がついた、中に水を入れ火にかけて湯を沸かす調理器具。アルミニウム製・アルマイト製・ステンレス製・ほうろう引きなどがある。◇「ケトル」ともいう。古く、をせんじるものであったことから。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

薬缶/薬鑵の関連キーワード寬・漢・乾・冠・函・刊・勘・勧・勸・卷・喊・喚・堪・奸・姦・完・官・寒・寛・嵌・巻・干・幹・悍・患・感・慣・憾・換・敢・旱・柑・桿・棺・檻・款・歓・歡・汗・浣・渙・漢・灌・環・甘・甲・癇・監・看・瞰・竿・管・簡・緘・緩・缶・罐・翰・肝・艦・艱・観・觀・諫・貫・還・鑑・閑・間・関・關・陥・陷・館・鹹薬缶で茹でた蛸のようやかん(薬缶)薬缶・薬鑵湯沸かし薬缶吊るやかん茶瓶頭茶瓶鉄瓶

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android