コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬缶/薬鑵 ヤカン

2件 の用語解説(薬缶/薬鑵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

や‐かん〔‐クワン〕【薬缶/×鑵】

《もと薬を煎じたところから》湯を沸かすための道具。アルマイト・銅・ほうろうなどで作った鉄瓶に似たもの。湯沸かし。
薬缶頭」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

やかん【薬缶/薬罐】

注ぎ口と持ち手がついた、中に水を入れ火にかけて湯を沸かす調理器具アルミニウム製・アルマイト製・ステンレス製・ほうろう引きなどがある。◇「ケトル」ともいう。古く、薬をせんじるものであったことから。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬缶/薬鑵の関連キーワード土瓶沃懸く銚釐注ぎ口水入れ水注ぎ岡持グレービーボート提子水差

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone