コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬缶/薬鑵 ヤカン

デジタル大辞泉の解説

や‐かん〔‐クワン〕【薬缶/×鑵】

《もと薬を煎じたところから》湯を沸かすための道具。アルマイト・銅・ほうろうなどで作った鉄瓶に似たもの。湯沸かし。
薬缶頭」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

薬缶

ズバイモモ(ネクタリン)の品種のひとつ。日本には中国から渡来し、明治期には栽培が始まっていたと考えられている。果皮は濃い赤色で毛がなく光沢があり、果肉は堅い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

やかん【薬缶/薬罐】

注ぎ口と持ち手がついた、中に水を入れ火にかけて湯を沸かす調理器具。アルミニウム製・アルマイト製・ステンレス製・ほうろう引きなどがある。◇「ケトル」ともいう。古く、をせんじるものであったことから。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android