コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常遇春 じょうぐうしゅんChang Yu-chun; Ch`ang Yü-ch`un

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常遇春
じょうぐうしゅん
Chang Yu-chun; Ch`ang Yü-ch`un

[生]至順1(1330)
[没]洪武2(1369).7. 柳河川
中国,明朝開国の功臣。懐遠 (安徽省懐遠県) の人。字は伯仁。勇猛果敢な名将として活躍。至正 15 (1355) 年太祖 (→洪武帝 ) の部下となり,各地に転戦,陳友諒張士誠らの群雄をくだすのに大功を立てた。洪武1 (68) 年徐達とともに北征し,元都に入り,さらに太原にココ・テムル (拡廓帖木児) を破り,全寧にエス (也速) を討ち,ついに開平を攻め落し,元の順帝を北走させたが,帰途柳河川で急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうぐうしゅん【常遇春 Cháng Yù chūn】

1330‐69
中国,明朝開国の功臣。安徽省懐遠の人。字は伯仁。はじめ盗賊となっていたが,1355年(至正15)明の太祖の部下となり,長江(揚子江)の南北に転戦して多くの戦功をたてた。陳友諒,張士誠の討伐に当たっても副将軍として大功があり,鄂(がく)国公に封じられた。68年(洪武1),徐達とともに北征し,元軍を各地に破り元都に入り,さらにココ・テムルを攻め,也速を全寧に破り,開平を抜いたが,柳河川で急死した。死後開平王に追封された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

常遇春の関連キーワード藍玉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android