コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍閃石片岩 ランセンセキヘンガン

4件 の用語解説(藍閃石片岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らんせんせき‐へんがん【藍×閃石片岩】

藍閃石を含む結晶片岩玄武岩質の岩石が高圧・低温型の広域変成作用を受けてできる。青色(せいしょく)片岩。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

藍閃石片岩

特徴的な藍閃石質角閃石を含む片岩で,藍閃石(glaucophane)が主要な鉱物.しばしば緑簾石が含まれ,石英や雲母類が存在する[Barrois : 1883, Harker : 1932].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らんせんせきへんがん【藍閃石片岩】

石英・長石のほかに藍閃石などを多く含む結晶片岩。藍閃片岩。青色片岩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藍閃石片岩
らんせんせきへんがん
glaucophane schist

アルカリ角閃(かくせん)石の一種である藍閃石を含む結晶片岩。他の成分鉱物としては、緑簾(りょくれん)石、パンペリー石、ローソン石、スティルプノメレン、赤鉄鉱、ざくろ石、アルカリ輝石などが含まれる。玄武岩質の岩石が、高い圧力(数千気圧以上)と比較的低い温度(200~300℃)の条件下で広域変成作用を受けて生成したもの。高圧型変成帯の代表的岩石の一つである。藍閃石とアルカリ輝石、ざくろ石、赤鉄鉱などの組合せは、珪(けい)質の結晶片岩にも出現し、藍閃石石英片岩となる。これも高圧型変成帯に特徴的な岩石である。藍閃石片岩は、北海道の神居古潭(かむいこたん)変成帯、本州の三郡変成帯や三波川(さんばがわ)変成帯、九州の長崎変成帯、沖縄の石垣島変成帯などに産する。また、アメリカ西海岸のフランシスカン変成帯やヨーロッパ・アルプスの変成帯にも、広くみいだされている。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藍閃石片岩の関連キーワード藍閃石青色片岩青色片岩相ガスタルデイタイト角閃石アディノール片岩ランプロ片岩ガルベン角閃岩アルカリ片麻岩イッス岩角閃石斑糲岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone